真・えぐれ風雲録無双(旧)

風雲録武田家に所属しているアレな薬師が、日々のなにやらをぶつぶつ書き込んでいきます。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

10月10日

(火曜日)

風雲!名古屋ツアー!<前編>

やや、ややみの派遣期間が切れたら有志で行こうか!と某K忍者さんとかねてからの脳内計画だった名古屋ツアーを、ついに実現させてみました。

という事で、なんやかんや言って乗りそうな人に声かけてみたところ、KさんとS薬師さんしか釣れなかったので、そのスットコトリオで名古屋へ行く事に。
ていうかまあ、宿泊施設は1週間前に予約すればいいか^^て事で、1週間前にとろうとしてみたところ、F1で埋まりまくり。Kさんに訴えたところ、さっくり名古屋駅前のビジホを取ってしまい、すっとこトリオ唯一のしっかり部門担当にそこで決定。

新幹線の指定はややみが担当。ただあれだ。Sさんが遅刻大王。むしろ待ち合わせ時間に間に合ったら負けだと思っている仕様なので、大変不安な気持ちで、東京駅で待ち伏せてましたが、案の定遅刻ヒャッハー。
で、13分後にチケット取り直して、グリーンしかないけどまあいいかと合流したが、それもぎりぎりだったぜおい!

てめえはご当地イベントで毎回999に乗り遅れる鉄郎か!と突っ込んでみたが、Sさんには通じたけど、Kさんには微妙なジェネレーションギャップで通じなかったよ。ナンデー。
しっかり者のKさんが車掌さんだね^^といってみたところ、Sさんに「お前がメーテルだなどと認めない。」と狭量なことを言われたけど、まあ最年長の女性という事でいいじゃまいか^^ 永遠の時の流れを旅する女という事で><

などと言いながら名古屋到着。さて、Sさん提案の伊賀観光に行こうよ!て事で、名鉄の切符売り場で現地までの切符を買い、お弁当は列車で食べるか!と駅弁をそれぞれ買い、Kさんはついでに向かい側の自販機でお茶を。続いて私もお水を買ってたら、Kさんが買った切符が見つからない><と言い出したので、財布じゃない?ポッケは探したの?もうあんたはいつもそうなんだから><とお母さんRPをしながらちらりと駅弁エリアをみたら、柿の葉弁当に吸い込まれているSさんが見えたので、まあいいやとRP続行。

どうにか見つかったので、Sさんと合流して改札行くか。
て。Sさんいないやん。

てんで、トイレに行ったのか、別の自販機に行ったのか、検索しながらメールをしても還ってこない、電話をしても留守番電話に繋がって通じない。

5分位のとこで、やっとメール来ました。
S「今どこ?」
や「貴様こそどこだ」
S「特急乗って現地に向かってるよ」

おおおおおおおおおおおおおおおういいいいいいいいいい!!

Sさんの言い分1「だつてまた遅れたら悪いと思ったから、急いで追いかけたつもりなの><」

次に泊まる駅で待ち合わせようという事になり、どうにか合流。

Sさんの言い分2「旅にはアクシデントがつきものじゃん! いわば私はイベンター! 君達、決められたレールに乗った人生でいいのか? そんな生き方で後悔しないのか?!」

とりあえず、S(もうさんづけしなくていいや^^)は保護者から離れるな!と言い渡す。僕らの旅のうっかり部門担当決定。

20061010123306220061010123306

最後、伊賀神戸てとこから伊賀上野まで、こんな電車に乗せられた。
こわいってくのいち列車。ていうか、ここまでついてくるか、メーテル。

伊賀着きました。山の気候はやっぱり違って、結構さむううと言いながら降り立つと、こんなんに出迎えられました。

20061010123307

忍ぼうよ。つうかでかすぎるからあなた。

200610101233064

んでもって、伊賀は組み紐の街なんだそうです。あちらこちらにこんな看板が。
もういいよって位ありますた。みんなの大好きな組み紐タウン!

上野城行きました。なんかイベントの準備しながら、のどかに盆踊りみたいな音楽が流れてたよ。
Sが、伊賀牛串食べて胸焼け起こすとか、わくわくイベントあったり、城に展示されてる甲冑とかにワクテカしたり。
山水画とか風俗屏風とか、こんなんしょって普通に活動できないって>< とか。

200610101233072

実装してほしい立物ナンバー1。これを装備した藤堂高虎さんは、敵を斬ったり薙ぎ払ったり空を飛んだりして恐れられたらしい。

合間に、今晩のオフで合流するD薬局さんから「無事着いた?」とか案ずる優しいメールが来るのに対して「組み紐拾ってる」とか「これから伊賀屋敷で断片拾いながら修得」などと受け答えながら、伊賀屋敷行きましたが、既に帰り時間の電車までに時間きつきつ。

でもまあ割と修得して(こうやって忍者は武器を隠したり脱出したりか!等等)、最後資料館を覗いたとき、想定外のボスが待っていました。

お盆をもったメイド姿のキティちゃんを「萌え喫茶キティ」の文字の文字と共に背中にしょった、20代と思われる外人の男!

倒さねば!と思ったんだけど、Kさんの不意打ちも、Sの全体完全も通りませんでした。ややみは悶絶して動けませんでした。画像さえ撮る事出来なかった><

という事で、負けですね。しょぼん。

敗北感と共に伊賀を去りました。疲れきったSは、電車の中で口を開けたまま気絶してました。
以下名古屋編に続く。
スポンサーサイト

コメント

>グリーンしかないけどまあいいかと
のりごこちよいね。

>まあ最年長の女性という事でいいじゃまいか^^
ネジになってしまえ。

>「だつてまた遅れたら悪いと思ったから」
桑名いいよ桑名

>伊賀牛串
謝れ!弱火半焼け牛串2本食べた私に謝れ!

>疲れきったSは
ねむいなの。

★SW内
グリーンはよかたね。でも前に乗った時はもっと色々サービスあったような気もする。
牛串は、1本食べる?って私に薦めて道連れにしようとしてたよな!
ていうか生焼けぽいから焼き直してもらいなよっていったのに、この子はどうしてお母さんの言う事が聞けないの! めっ!

三重にきたのかw

三重にいくなら一言聞けばいいのにw
おすすめの所とかつたえたのになw
ま!伊賀は、城とか忍者屋敷ぐらしか・・・
よくこんな田舎にきたもんだw

★こーめいちゃん

うおおおw携帯から見てると書き込みわかんなかったw
遅レスすんまそw

三重は若い頃にも行ったんですよ。
関西とか好きなスポット興味のあるスポットいっぱいあるから、お金をためてじっくり行きたいなあ…。
姉夫婦が名古屋に転勤になったので、今度そこを拠点にじっくりニヤニヤ。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

トラックバック

トラックバックURL

■上野城について--お城の冒険

上野城上野城(うえのじょう)は、三重県伊賀市にある城。三層の天守をもち、白鳳城、伊賀上野城とも呼ばれる。現在のものは昭和の模擬創建で正式には伊賀文化産業城という。国指定史跡。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Art
2007/03/30(金) 22:35:34 | お城の冒険

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。